ホーム > 採用情報 > 社員メッセージ >

品質管理

hinkan_1

研究開発本部 品質管理室 試験Ⅰチーム

2008年入社 生物理工学部 生物工学科卒業

先回りの思考によるスケジュール管理が大切です。


なぜ中外医薬へ入社しましたか ?

気配りをしてくれる会社だったからです。
私は中途採用で、「前職の経験を活かせる会社を」と考えていたのですが、会社探しのときに少しでも話が聞ければと60歳以上を対象にした就職説明会に行きました。年齢的に場違いなため、ほとんどの会社でいい話を聞けず席を立つばかりでしたが、中外だけがその後、会場を出た私をわざわざ追いかけて別の募集を案内して下さいました。
このような細やかな気配りをしてくれる会社なら、と志望するきっかけになり、採用していただけました。

現在どのような仕事をしていますか ?

品質管理室で主にHPLC,GCを用いて坐剤や軟膏の定量試験をしています。
元は研究室にいましたので技術的には共通していますが、スピードや試験の基準など、仕事に求められるものの違いに配属当初は驚きました。しかし、そうなる理由を考えたりすると納得したり、面白さを感じます。

これまでの仕事の中で、どのような失敗をし、どのように挽回しましたか ?

配属当初、仕事の優先順位が付けられなかったり、非効率な方法で連日残業を行ったり、
試験中に起きた機器の不具合にパニックになっていました。
そのような状態に陥らないようしっかりとしたスケジュールを立て、フォローの方法も織り込んで考えるよう、先回りの思考を心掛けています。

就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

就職活動は色々な会社を見て回る絶好の機会です。会社に就職するとなかなか他社を見て回るということが難しくなります。色々な会社に行き視野を広げることで自分のやりたいことがより明確になったり、現在の志望とは別のやりたいことが見えてきたりするかもしれません。
私達の世代でもきびしい就職状況と言われていたのに、今は輪をかけてひどい状態です。
苦しい思いが続いても、あきらめずに頑張ってください。

hinkan_2

研究開発本部 品質管理室 試験Ⅱチーム

1997年入社 保健科 生活科学コース 卒業

地味なことをコツコツと


どのような仕事をしていますか ?

原料・資材受入試験を担当しています。新規原料についての試験対応が主で、必要としている規格品であるか、また従来品と差異は無いか等を試験して確認しています。また、製品の生産予定に合わせて受入試験が行われるよう、原料試験スケジュール管理を行い、合わせて原料試験結果の確認など原料の品質に関わる情報を管理しています。それから、原料・資材受入試験をスムーズに実施するため、後輩への指導を行っています。

仕事へのモットー、やりがいは何ですか ?

仕事に限らずですが、地味なことをコツコツ取り組むのがモットーです。何度やっても期待する結果が得られない試験操作の対処法が見つけられない時は、自分の知識・技術力の無さに落胆し、すごくネガティブになってしまいます。逆に良い解決策を発見し、手順を確立できたときは充実感とやりがいを感じます。また、品質を確認・確保することは非常に難しく責任も感じます。周りの方々の意見を聞き、失敗から得た経験を積み重ね、今後も「コツコツ」いきたいと考えています。

休日はどのように過ごしていますか ?

子供たちの有り余るパワーとの格闘です。
子供たちは休みになると早起きして、朝から「キャッチボールしよう」「ザリガニ捕まえに行こう」などと勝手に計画し、こちらの「溜まった家事を片づけたい」という意見は却下され、外に連れ出されます。子供たちはどんどん活発になってきていますが、こちらの体力は低下する一方。それに外が暑かろうが寒かろうがお構いなし。羨ましい限りです。「大人気ない」と文句を言われつつも、何故か負けてなるものかと奮闘し、夕方には「ぐったり」です。

就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

大変お恥ずかしい話ですが、私は自分が学生の頃はどんなことを考えていたのかほとんど記憶にありません。何か書き留めるなどしておけば良かったと少し後悔しています。皆さんは今、いろんな夢や目標を持っていると思います。その思いを忘れないようにして欲しいです。なぜなら、初心に帰ることができるからです。今は具体的な目標が無くとも、人の出会いなどによって、見つかるかもしれません。それらを素直に謙虚に受け入れ、そして感謝の心を持つことが大切だと思います。

研究開発本部 品質管理室 試験ⅠチームのTOPへ