ホーム > 生産体制 > 坐剤

坐剤

坐剤を製造する設備では、調合から充填までステロイド製剤、及び非ステロイド製剤の2系列の製造ラインを完備し、薬物の交叉汚染の防止に努めております。

溶解・分散工程では、ステロイド製剤ではホモミキサーとジェットアジター、非ステロイド製剤ではホモミキサーとパドルミキサーといった、2軸撹拌装置を備えた100Lの調合槽を用い、任意の温度での調合が可能です。また、基剤の調合前後に計2回フィルターに通すことで、異物に対する管理を徹底しております。

充填工程では、15本立ての坐剤充填機を用い1時間に18,000個の充填が可能で、非ステロイド製剤側では、充填から成形固化、シール及びカットまでを一連して行っております。充填後は全数検査を行うことで間違った製品が出荷されることを防いでおり、必要に応じピロー包装機による密封包装も行っております。

製造プロセス

坐剤フロー

坐剤のTOPへ