ホーム > 生産体制 > 軟膏

軟膏

軟膏剤を製造する設備では、ステロイド製剤、及び非ステロイド製剤の2系列の製造ラインを有し、薬物の交叉汚染の防止に努めております。

ステロイド製剤の溶解・分散工程には、スクレーパー付パドルミキサー、及び高速せん断ミキサーを備えた2軸500Lの高速せん断型真空乳化装置を用い、空気混入が無いよう真空状態で均一な調合が可能です。また、400Lの油相溶解槽及び400Lの水相溶解槽を備え、乳化型クリーム剤へも対応可能です。
非ステロイド製剤では、ステロイド同様の100Lの高速せん断型真空乳化装置、及び50Lの溶解槽を有しております。

充填工程では、メタルチューブ及びラミネートチューブへの充填設備をそれぞれ有し、ホルダーやノズルの型替えにより多様な内容量への対応が可能です。また製品内への異物混入防止のためフィルターを通過させた後に充填を行っております。

製造プロセス

軟膏フロー

軟膏のTOPへ