ホーム > 受託製造体制

受託製造体制

受託製造

受託製造当社は、GMP基準に対応した製造管理・品質管理体制のもと、医薬品の受託製造を行っております。
当社の製剤工場は液剤、経口固形製剤及び坐剤の製造に強みがあり、経口固形製剤では糖衣錠の製造を得意としております。
生産効率向上を目指している製品について、量産化のご提案をいたします。また、大量生産から多ロット少量生産へ切り替えたいというご要望や、複雑な包装形態の商品などのご要望にもお応えし、生産コストを抑制する様々なアイデアを盛り込んでご提案するよう努力しています。高機能・高品質を創り出す技術力と徹底した品質管理体制、納期に対応する機動力で、医薬品製造の確かなパートナーとなり、お客さまのビジネスを強力にサポートします。

受託製造開始までの流れ

受託製造開始までの流れ

開発製造

開発製造当社は、受託製造のほか、OTC医薬品の共同開発も行っております。当社の研究開発機能を活用し、ジェネリック医薬品、OTC医薬品の開発から製造までを一括して受託させていただくことも可能です。内用液剤、坐剤、固形製剤の企画提案から製剤設計、試験法の開発、包装仕様のご提案、申請業務までを積極的に受託事業として推進しており、高い評価を受けています。

OTC医薬品では、市場ニーズを探求し、研究開発の力を高めることにより、ユニークな商品を開発しています。これまで大手メーカーとの共同研究ならびに共同開発を通し、多くの実績を挙げています。処方検討・製剤設計から承認申請、バリデーション、商用生産まで一貫して受託可能です。また、バルク製剤のみ、包装のみの受託対応も可能です。受託及びOEMの窓口部署がありスムーズな対応が可能です。

OEMに関するお問い合わせ

お問い合わせ

受託製造体制のTOPへ