ホーム > お知らせ > 日本一のポケットパークに、荒木石の芭蕉の句碑を寄贈しました

日本一のポケットパークに、荒木石の芭蕉の句碑を寄贈しました

[ 2020年04月07日 ]

3月28日土曜日、伊賀市中心市街地活性化の交流拠点として、上野東町に『さまざま広場』が開園しました。
多目的トイレや授乳室、パウダールームを備え、屋根は桜の花びらを模したポケットパークで、日没後にはライトアップされます。
当社も創業100周年記念事業の一環として、松尾芭蕉の句碑を寄贈致しました。
句碑に使用した石は、伊賀市で採石された自然石で荒木石といい、良質な花崗岩で今ではもう採取が難しい石です。
石にはポケットパークの名称『さまざま広場』のコンセプトである
「さまざまの事おもひ出す桜かな」が刻まれております。
多くの方々に利用していただき、市街地の活性化につながればと考えています。

日本一のポケットパークに、荒木石の芭蕉の句碑を寄贈しましたのTOPへ